農地法第4条、第5条
イメージ画像
農地転用

自分の農地を農地以外のものにする場合は、農地法第4条の許可が必要です。
農地を譲受又は、貸借し農地以外のものにする場合は農地法第5条の許可が必要です。

これらは農業委員会を経由し県知事が許可することとなっています。農地の農業上の利用と農業以外の土地利用との調整を図りつつ、優良農地を確保すると供に無秩序な開発を防止し合理的な土地利用が行なわれるようにするため、申請地の位置、転用の確実性、転用に伴う周辺の農地への影響等許可の基準に基づいて判断され可否を決定することとなっています。


また、農業用施設などで届け出のみで済む場合もありますので、不明な点は農業委員会にご相談下さい。



農地の埋め立てをして、農地の質を改善するため、上質の土を入れて改良しようとすると きは、 届出が必要です。