平成17年10月1日から住民異動届の際に届書を
提出される方について本人確認書類が必要になりました。

住民異動届出時には本人確認が必要となります。

  最近、本人の知らない間に住民異動届出が提出される事件が全国的に発生しております。
本村ではこのような第三者による虚偽の届出の防止と早期発見のため10月1日から、住民異動届をされる際、届出書を提出される方の本人確認を実施致します。
届出の際には本人確認書類(※1)をお持ち下さい。また、代理人の場合は委任状も必要です。 
  なお、本人確認のできる書類がない方、忘れてしまった方には窓口にて本人確認に必要な事項を質問・調査させていただきます。それでも本人確認ができなかった時は異動者に通知をお送り致します。
(※1:本人確認書類)
☆1枚提示でよいもの
(官公署が発行し、本人の写真が添付された届出人が本人であることを証明できる書類)

1

自動車運転免許証

8

運行管理者技能検定合格
証明書

15

船員手帳

2

旅券(パスポート)

9

猟銃・空気銃所持許可証

16

戦傷病者手帳

3

住民基本台帳カード

10

特殊電気工事資格者認定証

17

教習資格認定証

4

海技免状

11

認定電気工事従事者認定証

18

検定合格証

5

電気工事士免状

12

耐空検査院の証

19

身体障害者手帳

6

無線従事者免許証

13

航空従事者技能証明書

20

療育手帳

7

動力車操縦者免許証

14

宅地建物取引主任者証

21

官公署発行の身分証明書
(※2)

(※2 独立行政法人および特殊法人を含む。)

☆複数の提示が必要なもの
(官公署発行または官公署外発行の顔写真なしの身分証明書)

22

障害者手帳

27

住民基本台帳カード
(顔写真無)

32

キャッシュカード

23

敬老手帳

28

年金証書

33

預貯金通帳

24

生活保護受給者証

29

年金手帳

34

(1)から(21)に揚げる書類が更新中に交付される仮証明書・引換書類

25

健康保険被保険者証
(※3)

30

社員・職員・学生
・会員証

26

介護保険被保険者証

31

クレジットカード

☆本人確認書類として認められないもの

 本人が自書した会員証、ポイントカード、メンバーズカード
 住民票の写し、戸籍謄抄本  名刺 など

☆本人確認する住民異動の種類

  転 入 届・・・他の市町村から引っ越してきた場合、「転出証明書」を添付して、住み始めてから14日以内に
        届け出てください。(転出証明書は前の住所地で転出届をした際交付されます)。

 転居・・・村内で引越しした場合、新しい住所に住み始めてから14日以内に届け出てください。
 転出・・・他の市町村へ引越しする場合、引越しをする前に届け出てください。
 世帯変更・・・世帯主の変更、世帯の分離や合併をした場合に届け出てください。
※ 住民異動届の届出義務者は、本人または世帯主です。


最近、第三者により本人の知らない間に住民票を動かしたり、戸籍の届出をして、「公正証書原本不実記載罪」で告発されるという事件が発生しています。住民課窓口では本人確認のため、免許証など本人を証明できるものの提示を求める場合がありますのでご了承ください。また、虚偽の届出であることが判明した場合警察に村として告発します。

(刑法157条)

公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、または権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせたものは、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する。

2 公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札または旅券に不実の記載をさせたものは、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処する。
3 前2項の罪の未遂は、罰する。


詳しい内容のお問合せは?
宜野座村役場 住民課
TEL 098−968−8501
FAX 098−968−5504